ニューヨークのキャバクラ求人紹介ならアメキャバにご相談ください



英語が出来ない人でもアメリカ(ニューヨークやロサンゼルス)のキャバクラで働く7つのメリット

キャバクラのバーカウンターで飲んでいる女の子の写真

日本のキャバクラで働いていた方の多くがアメリカ(ニューヨークやロサンゼルス)にキャバクラがあることを知りません。実はアメリカのニューヨークやロサンゼルスといった栄えている町では日本人がお客様のキャバクラが何軒もあり、そこでは日本人のキャバ嬢が日本のキャバクラと同様の仕事をしています。

しかも、アメリカ(ニューヨークやロサンゼルス)のキャバクラでは英語が不要なだけではなく、アメリカ(ニューヨークやロサンゼルス)のキャバクラで働くと7つのメリットを得られることができます。

この記事ではアメリカ(ニューヨークやロサンゼルス)のキャバクラで働く上で得られる以下7つのメリットを紹介します。

  • 1:キャバクラのスタッフの多くが日本人
  • 2:キャバクラのお客様の多くが日本人
  • 3:キャバクラで勤務すれば短時間で稼ぐことが可能
  • 4:日本では出会えないような人と知り合える
  • 5:仕事をしながら異文化コミュニケーションが味わえる
  • 6:昼は観光や勉強が出来る
  • 7:寮や航空券負担があるので滞在費が安くなる

日本でキャバクラ経験がない人でも気軽に働けますので、是非興味ある方はお問い合わせフォームまたはLineでお問い合わせください。アメキャバではニューヨークやロサンゼルスのキャバクラの夜のお仕事をご紹介できます。

1;キャバクラのスタッフの多くが日本人

アメキャバで紹介するニューヨークやロサンゼルスのキャバクラは日本人の従業員がほとんどですので、キャバクラ内での会話は日本語でのコミュニケーションがほとんどになります。

ニューヨークやロサンゼルスのキャバクラと聞くと外国人のスタッフしかいないイメージがありますが、店内は日本のキャバクラ同様に日本人のボーイが働いていますし、女の子も日本人がほとんどです。全体を見ても数%しか外国人は働いていないので英語が苦手な方でもご安心ください。

また、ニューヨークやロサンゼルスの生活で困ったことがあれば同じ店舗で働いているキャバクラらの女の子に気軽に聞くこともできますし、アメキャバでも生活トラブルのサポートをしております。

2:キャバクラのお客様の多くが日本人

ニューヨークやロサンゼルスのキャバクラで働こうと思っている方からのお問い合わせでよく聞かれる質問が「お客様の国籍」ですが、アメキャバで紹介するニューヨークやロサンゼルスのキャバクラのお客様の多くが大手の会社の駐在員や出張者などの「日本人」の方がお客様になります。

なので、お仕事中の話も日本語になりますのでご安心ください。仕事中のお客様との話の内容も同じ日本人ならではの話題が多いので話に困ることもありません。

キャバクラに来られるお客様の多くが生活に余裕がある生活を送っているので良いレストランやおしゃれなバーなど紹介してくれたり、仕事の前後にお食事に誘ってくれることも良くあります。また、帰国後に日本でも働いてるキャバクラで指名してもらえるなんて話もよく聞きますので、短期でニューヨークやロサンゼルスのキャバクラで働いてから日本のキャバクラに戻られる方も継続的にお客様になっていただける可能性があります。

3:キャバクラで勤務すれば短時間で稼ぐことが可能

手持ちのお金がなくてもニューヨークやロサンゼルスで生活できることができるのが「キャバクラ」などの夜の仕事です。

よくニューヨークやロサンゼルスに留学している学生の多くが生活費や授業料が必要で毎日バイトをしていますが、彼らの仕事の多くが日本の時給とそれほど変わらない金額になります。そのため1週間の半分以上を日系の居酒屋などでバイトをして時間を消化しています。

旅行者でも同じで長期滞在する方で生活費が必要で留学生同様に日系の居酒屋やレストランでバイトをしながらニューヨークやロサンゼルスで生活をしている人がいます。

確かに日系の多くの職場はビザなしで違法労働できますが、そんな時間の使い方は本当に勿体ないです。

ニューヨークやロサンゼルスのキャバクラの時給は日本同様、一般の仕事よりも高いです。なので、通常10万円日系の居酒屋で働くのに1ヶ月かかるのが、キャバクラなどの夜の仕事ならもっと短期間で稼ぐことができます。

夜の仕事といっても様々な種類がありますので、どのような仕事がしたいのかご相談ください。アメキャバではあなたの希望になるべく添えるようなお仕事をご紹介しますので、希望の職種やロケーションをお問い合わせ時にお伝えください。

4:日本では出会えないような人と知り合える

ニューヨークやロサンゼルスのキャバクラと日本のキャバクラの大きな違いの一つにニューヨークやロサンゼルスのキャバクラでは日本の芸能人やスポーツ選手、有名な企業の役員の方々など日本では滅多にお目にかかれない様な方との出会いがあります。

日本でも有名人や著名人が来店されることはあると思いますが、ニューヨークやロサンゼルスでは彼らも顔がバレてないので日本で会うよりも気さくに対応してくれます。

また、ニューヨークやロサンゼルスのキャバクラでは社長さんなども多く来店されるので、キャバクラでの出会いをきっかけにやりたいことを仕事中に話して、その後「夢」を掴んだ女の子も実際にいます。

ニューヨークやロサンゼルスで夢を掴むためには人脈はかなり大切になります。

5:仕事をしながら異文化コミュニケーションが味わえる

先ほど「日本人のお客様がほとんど」と先述しましたが中には外国人の方もいらっしゃいます。

「え?外国人?」と不安になる方も多いですが、お客様の多くが日本の文化に興味のある方達なので英語ができなくても紳士的に接してくれます。それに何か英語でわからないことがあればいつでも周りがサポートする環境も作られています。

日本でも2020年のオリンピックを境に英語が当たり前になる「グローバル社会」が本格的に訪れます。この数年後には東京オリンピックに向けて是非英語を話す環境を手に入れたくてニューヨークやロサンゼルスのキャバクラで働く人もたくさんいらっしゃいます。

数年後に必ず訪れる「グローバル社会」に向けて英語を勉強したい方にもニューヨークやロサンゼルスのキャバクラはオススメです。

6:昼は観光や勉強が出来る

ニューヨークやロサンゼルスのキャバクラは夜の仕事がメインになるため、昼間や仕事がない日は街中を観光や短期留学することもできます。

ニューヨークもロサンゼルスも中心地にお店が位置しているので自由な時間はお買い物や学校へもアクセスしやすいです。

また、英語を勉強するための語学学校を探されている方もニューヨーク、ロサンゼルス両方の語学学校をアメキャバからご紹介できますので、いつでもご相談ください。目的や費用、日数などを教えていただければ希望される学校を紹介いたします。

7:寮や航空券負担があるので滞在費が安くなる

ニューヨークやロサンゼルスのキャバクラで働きたい方がアメキャバを利用される理由の1つに「寮や航空券負担」があります。

ニューヨークやロサンゼルスは有数の観光地のため生活費はもちろんですが、ホテル代やゲストハウスの家賃も馬鹿になりません。実際に留学生の多くが6畳の部屋に10万円近くの家賃を払っているのは良く聞く話です。それくらいニューヨークもロサンゼルスも日本に比べて生活するためのお金はかかります。

ですが、ご安心ください!アメキャバがご紹介するお店の中には寮や航空券の支給もしてくれるところもありますので経済的な余裕ができます。

もしニューヨークやロサンゼルスのキャバクラで働きたい方は以下のお問い合わせフォームまたはLineからあなたの現在の状態をお問い合わせ時に記載ください。


アメリカのキャバクラなどの夜のお仕事に関するお問い合わせ


ニューヨーク又はロサンゼルスのキャバクラなどの夜のお仕事のお手伝いに関する申し込みは下記Line QRコードを読み込んでいただくか、下記お問い合わせフォームよりご連絡ください。



Add friend

Add friend

必須お名前

必須メールアドレス

必須今のお住まい

※希望エリア内にすでに住んでる方に関しては航空券代の支給や寮の提供などが出来かねる場合がありますのでご了承ください。

必須希望エリア

必須備考欄



 確認ページはございません。内容をご確認の上チェックを入れてください