ニューヨークのキャバクラ求人紹介ならアメキャバにご相談ください



ニューヨークやロサンゼルスでご紹介できる3つの夜のお仕事

ニューヨークやロサンゼルスでキャバクラなどの夜のお仕事を探している方に「キャバクラ以外の夜のお仕事はありますか?」と聞かれることが多いので、この記事ではアメキャバがご紹介できるニューヨークとロサンゼルスの夜のお仕事を3つご紹介します。

  • 1:キャバクラ
  • 2:ガールズバー
  • 3:ストリップ



ご紹介するニューヨークやロサンゼルスの夜のお仕事に興味ある方はお問い合わせフォームまたはLineでお問い合わせください。

キャバクラ

ニューヨークやロサンゼルスにも日本と同じシステムのキャバクラが何件もあります。「英語が出来ない人でもアメリカ(ニューヨークやロサンゼルス)のキャバクラで働く7つのメリット」の記事で紹介した通り、ほとんどのお客様は日本人ですし、働かれるキャバクラのシステムによって多少異なりますが同伴バック、指名バック、ボトルバックなども日本のキャバクラの同様にあります。

ロサンゼルスとニューヨークのキャバクラの違いについては「ロサンゼルスのキャバクラで働くことで得られるアメリカライフ」と「ニューヨークのキャバクラで働くことで得られるアメリカライフ(準備中)」でご紹介しています。

英語が出来ない人でもアメリカ(ニューヨークやロサンゼルス)のキャバクラで働く7つのメリットの記事のアイキャッチ写真

英語が出来ない人でもアメリカ(ニューヨークやロサンゼルス)のキャバクラで働く7つのメリット

関連記事を読む

ガールズバー

ニューヨークやロサンゼルスにはガールズバーのお店も何店舗かあります。キャバクラとガールズバーの違いは「お客様との距離」と「会話の違い」の2点があります。

キャバクラは隣に座って接客するのが基本ですが、ガールズバーはカウンター越しの接客が基本です。なので、身体に触れることが出来る距離でお話しなくていいのがガールズバーの良い部分です。

またキャバクラは接待のお客さんも多いので、接客術以外に、ビジネスマナーなどにも気を使わないといけません。ですが、ガールズバーは学生の方やお友達同士で来店される方が多いので必要以上に気を使う必要がありません。

アメキャバがご紹介するニューヨークやロサンゼルスにあるガールズバーでは時給以外にもドリンクバックがあるので、安定した給料を受け取ることができます。

ストリップ

日本では馴染みがありませんがニューヨークやロサンゼルスにはストリップの仕事もあります。

ストリップは通常はキャバクラ同様、お客様の横について接待をします。そして、もしお客様のご要望があれば別室にてダンスを踊ります。ダンスのスタイルは店舗によって異なりますが、通常はお客様の上に乗ってダンスをすることが多いです。

もちろんダンスをする際にお客様からダンスチップをいただくことができます。

ニューヨークやロサンゼルスの夜の仕事について

日本でキャバクラなどの夜の仕事をしたことがない未経験の方からお問い合わせをよくいただきますが、ご要望をしっかり伝えていただけばご希望にあう夜のお仕事をご紹介いたします。

初めてのことで不安なことも多いと思いますので、お気軽にご連絡ください。


アメリカのキャバクラなどの夜のお仕事に関するお問い合わせ


ニューヨーク又はロサンゼルスのキャバクラなどの夜のお仕事のお手伝いに関する申し込みは下記Line QRコードを読み込んでいただくか、下記お問い合わせフォームよりご連絡ください。



Add friend

Add friend

メールが受信拒否になり連絡がつかない場合がございます。念の為電話番号かLINE IDも入力して頂けると連絡がつきやすくなるので入力ください。

必須お名前

必須メールアドレス

必須LINE IDもしくは電話番号

必須今のお住まい

※希望エリア内にすでに住んでる方に関しては航空券代の支給や寮の提供などが出来かねる場合がありますのでご了承ください。

必須希望エリア

必須備考欄



 確認ページはございません。内容をご確認の上チェックを入れてください